肺高血圧症の内服薬

肺高血圧症の内服薬

 

肺高血圧症になると、血液が肺動脈に流れにくい症状になります。

 

心拍出量の低下は人間が活動する上で、大きな支障をきたします。

 

それは人間が活動するのに必要な酸素が、血液中に含まれているからです。

 

要するに心拍出量が低下すると、酸素不足になり全身の組織に影響します。

 

運動時時の呼吸困難や疲労感、動悸などの症状が出ます。

 

肺高血圧症の病状が進行すると、肺の血管に血液を送る力がなくなるので、心不全の状態に陥ってしまいます。

 

そして、重症の肺高血圧症においては、喀血や失神を起こすこともあります。

 

肺高血圧症では消炎鎮痛薬を内服すると、ワーファリンの作用が強くなるので、注意しなければなりません。

 

肺高血圧症がすでに進行しているケースでは、肺血管拡張薬が使用されます。

 

肺血管拡張薬というのは、肺高血圧症の治療の際の基本になります。

 

他に内服薬として使用される薬剤には、ベラプロスト、ボセンタン、シルデナフィルがあります。

 

これらの薬剤の登場によって、飛躍的な改善をとげましたが、まだ完全な治療というものには至っていません。

 

最近では、これらの薬剤以外にも有効とされる数種類の薬剤があり、代表的なものにカルシウム拮抗薬、プロスタグランジンがあります。