肺高血圧症の治療法

肺高血圧症の治療法

 

肺高血圧症は、心臓から肺に血液を送る血管に何らかの原因で異常をきたし、肺に血液を送ることが困難となります。

 

そして、心臓に負担がかかり、次第に正常に動作しなくなる病気です。

 

10年ほど前までは臓器移植以外には良い治療法がないとされてきましたが、近年ではいろいろな薬が開発され、薬による治療でも良い結果が見られるようになりました。

 

肺高血圧症は稀に見られる病気ですが、早期に医師の判断に従い治療を続ければ、改善が期待できるようになりました。                                                

 

肺高血圧症は病名が同じでも、個々人によって原因、程度、重傷度、治療は異なりますので、医師の指示に従い、治療を行なう必要があります。

 

薬が開発されても、統計的には予後は不良と考えられて慎重な対応が必要な病気です。

 

通常は診断確定したあとの生存期間は約3年間で、5年生存率は約40%となっています。

 

現時点では的確な予防や治療法は確立されていませんが、一般的な治療法として、肺動脈への直接酸素吸入をして低酸素を改善していく方法を行っているようです。

 

また、肺高血圧症による二次的な血栓形成を防止する抗凝固療法も用いられています。

 

昔は、肺の高血圧に関する病気にかかると重度の場合は、命の危険があったようです。

 

しかし、現在では様々な治療が検討されていますし、延命も期待されるようになっています。