肺高血圧症の検査

肺高血圧症の検査

 

肺高血圧症は循環器系疾患の一つで、心臓から肺への肺動脈の末梢の血管が狭くなってしまいます。

 

血管が狭くなると血液が通りにくくなり、血圧が高くなってしまいます。

 

肺高血圧症になると体内に運ばれる酸素量が低下し、運動能力が低くなります。

 

肺高血圧症が気になる場合は、まず病院に行くことが入口になります。

 

検査はいくつかの段階に分かれており、疑いが濃くなるに従って細かく検査されます。

 

高血圧が心配な人はまず病院に行って、医師の診察を受けることになります。

 

ここで問診、視診、聴診、打診などを受けるのですが、日常の診察は病気を発見するためにはとても大切です。

 

最初の段階で肺高血圧症の可能性がある場合、次のような検査を行います。

 

スクリーニング検査というもので、機器などを使用してより細かく検査します。

 

検査方法は血液・尿検査、心電図、胸部X線、心エコーなどを使って行います。

 

検査方法は様々ですが、最初の段階よりも詳しく可能性をはかることが可能です。

 

スクリーニング検査でさらに疑わしいと判断された場合、精密検査を行います。

 

検査は血液検査、シンチフラフィ、カテーテル、CT、MRIなど本格的になります。

 

精密検査によって本当に肺高血圧症かどうか、判断されます。

 

病気が発見されたら早く治療に取り掛かれますし、もし無ければ体の状態を正しく知ることができ、時間の無駄では無いはずです。