高血圧の合併症と脳出血

高血圧の合併症と脳出血

 

高血圧の合併症としての脳出血は多く、脳出血の原因の内70%が高血圧によるものです。

 

脳出血とは、脳の中に出血を起こす病気です。

 

高血圧の合併症としての脳出血は、出血を起こした場所によって被殻出血や視床出血、皮質下出血、脳幹出血、小脳出血等に分けられ

 

これらはすべて症状が違ってきます。

 

被殻出血の症状は、片麻痺、感覚障害、片側の目が見えなくなる同名性半盲です。

 

また、症状が悪化した場合は、意識障害や、失語症などの症状が出る場合があります。

 

視床出血の症状は、片麻痺、感覚障害があり、視床痛という半身に強い痛みを伴う場合もあります。

 

皮質下出血には、出血部位で少し症状が変わってくる場合がありますが、片麻痺、同名性半盲、失語症などの症状があります。

 

出血部位は、頭頂葉、側頭葉、前頭葉等に多くみられます。

 

脳幹出血の症状は、急な意識障害、四肢麻痺、呼吸障害、縮瞳などで、短期間で死に至る場合があり、予後がよくないです。

 

小脳出血には、歩行障害、突然のめまい、頭痛、悪心、嘔吐等の症状があります。

 

これらの、高血圧が原因で脳出血が発症した場合の治療方法は、ほとんどが外科治療となる事が多く、血腫除去術等の手術になります。

 

しかし、この手術も救命のために行なわれる事がほとんどで、血腫が小さい場合や意識が深昏睡等の時には、手術が行なわれない事があります。

 

高血圧を予防する事で、これらの症状を防ぐ事が出来ます。