肺高血圧症の種類

肺高血圧症の種類

 

肺高血圧症は、明確な原因がまだ分かっていない、肺動脈内の血圧が何の原因か分からないまま、高くなってしまう病気です。

 

種類は2つあり、原発性と続発性です。

 

続発性の方が一般的で、心臓や肺に何らかの疾患を持っていると、かかりやすいようです。

 

例えば、肺に血液を送る時に何らかの異常でその流れが妨げられたり、血液中酸素濃度を継続的に低くなる疾患などが原因の一部と考えられています。

 

その中でも特に、慢性閉塞性肺疾患が原因で起こることが一番多いようです。

 

さらに、原発性肺高血圧症はなぜ起こってしまうのか、原因が未だに分かっていません。

 

男女比でいうと、女性のほうが男性よりも約2倍もの確率で、かかりやすくなっているようです。

 

そのほとんどが35歳以上で、肺高血圧症と診断されています。

 

この病気は、普段の食生活に気をつけることで改善されるものではありませんし、以前は場合によって臓器移植もあったようです。

 

ですが、食欲を抑える薬など、何らかの薬を常用している方は、症状が悪化したり、肺高血圧症を発症させる危険性があると考えられています。

 

原発性肺高血圧症が進行していくと、心不全を起こして、最悪の場合は死にいたることもありますので、過度のストレスや働きすぎなどに気をつけるようにしましょう。

 

一般的には、激しい運動後に息切れやめまい、脱力感などを感じるというのが、肺高血圧症のほぼ全ての患者に見られます。