肺高血圧症の原因

肺高血圧症の原因

 

肺高血圧症は、動脈圧の上昇によって生じるものと左心性の心臓疾患が原因のもの、呼吸器疾患か低酸素によるものがあります。

 

その他には、慢性血栓や塞栓性疾患によるものと肺血管の直接的な、障害に起因するものに分類されます。

 

肺高血圧症そのものは、原因不明の特発性に起こる高血圧症と、家族の遺伝が原因である高血圧症と、上記5つに分類できる肺動脈性高血圧症の、2種類があります。

 

この病気の原因は、何らかの病気によって引き起こされるものですが、発症に関する詳細はまだ研究中で、解明が急がれているといった段階です。

 

また、大人だけでなく新生児などの小児でも発症することはあります。

 

小さな子どもの場合は、適切な治療を受けなければ、大人よりも病状の悪化が加速してしまいます。

 

ですが、医師のもとでの適切な治療さえ受けられれば、大人よりも治療の反応は良いといいます。

 

小児肺高血圧症の特徴としては、病気の診断が、大人よりも早いことや、運動後にめまいや失神することがある、大人に比べると肺動脈を拡張させる薬に良好に反応するなどがあります。

 

また、患者の6〜10%程度ではありますが、家族で誰かがこの病気にかかると、他の誰かも同じ病気を患っているといった、場合があります。

 

遺伝するとは考えられていないので、全員に発症するわけではありませんが、発症した場合の原因も、未だに未解明の状態です。