高血圧と飲酒の関係

高血圧と飲酒の関係

 

飲酒は高血圧になる危険性が高く、過度の飲酒は心臓病にもなりやすいです。

 

しかし、少量及び適度の飲酒であれば健康には良いとされています。

 

いずれにしても、長い期間にわたる過剰な飲酒の摂取は、高血圧の原因になることは言うまでもありません。

 

ただ、複雑な要因が絡んでいることから、その仕組みはまだ詳しく解明されていません。

 

今のところ、飲酒をすることで、血圧を上げるホルモンが分泌され、飲酒をすると血圧を下げる効果のあるミネラルが不足してしまうのです。

 

そうしたことが身体に害を及ぼし、高血圧になるとされています。

 

もちろん、アルコールは絶対に身体に悪いものではなく、適度の量であれば高血圧とは関係なく、健康増進作用もあるとされています。

 

アルコールは、血管拡張作用もあり、適量ならば血圧を下げる働きをします。

 

アルコールは、心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病に対しても予防効果があり、動脈硬化の予防にも有効とされています。

 

まさに、「酒は百薬の長」という所以であり、そう言い伝わる根拠はアルコール飲料全てに認められているものです。

 

高血圧対策としては、アルコールは、男性の場合で約30ml以下 、女性の場合は約20ml以下の分量で飲むことが良いのです。

 

毎日の飲酒量がビール瓶や日本酒がそれぞれ3本以上になっていると、アルコール性高血圧症になる危険性があるので注意しましょう。