腎性高血圧

腎性高血圧

 

高血圧が原因で発症する病気だけではなく、他の病気が原因で高血圧を発症するケースもあります。

 

そのひとつに腎性高血圧があります。

 

腎性高血圧は腎臓の血管が動脈硬化になることで、腎臓機能が低下し血流が悪くなり発症します。

 

そもそも腎臓は血液のろ過を行い、血液中の老廃物を取り除く働きがあります。

 

この為、腎臓機能が低下するとろ過が正常に行われず、血液濃度も高くなる為、高血圧を発症します。

 

また、腎臓機能の低下が進行すると肝不全にまで至り、肝不全になると人工的に血液をろ過する人工透析の治療も必要になります。

 

一般的には人工透析が必要になってしまった場合においては、移植手術をしない限り生涯人工透析の治療が必要になります。

 

腎臓が原因で血圧が高くなりますが逆に血圧が高くなることで、さらに腎臓機能が低下する負の相乗効果が発生することにもなります。

 

この負の相乗効果は、血圧が高くなることで動脈硬化が促進されることになり、動脈硬化が起こることで腎臓の血流が悪くなり、腎臓が悪化する悪循環となります。

 

腎性高血圧が原因で血圧が高くなっている場合には、一般的な血圧降下剤や食生活の改善などの治療では効果があまりありません。

 

そのため、腎臓の治療が最優先となり、腎臓を治療することで血圧が高くなる要因を取り除くことが大切になります。