高血圧性脳出血

高血圧性脳出血

 

高血圧になることで様々の病気を併発しますが、その中でも高血圧性脳出血は死亡率が非常に高いことでも知られています。

 

高血圧性脳出血は脳内で出血することでおこりますが、出血する場所によって皮質下出血、脳幹出血、小脳出血など細分化されています。

 

症状については、出血する場所によりそれぞれ異なることも特徴ですが、一般的には段階的に頭痛、嘔吐、意識障害、片麻痺などがおこります。

 

普段から血圧が高い方が、持続性のある症状がでた場合は、神経内科や脳神経外科などの専門病院で、速やかに検査することが大切です。

 

いずれについても発症した場合には、血腫除去の手術が行われるのが一般的です。

 

血腫除去の手術の必要有無についても、出血の程度と意識レベルによって細かく規定されています。

 

また、脳内で出血がおこる為、手術をしたとしても後遺症に悩まされるケースも少なくありません。

 

もちろん、脳内が出血する原因としては、高血圧以外にも様々な要因があります。

 

例えば、ストレスなどの精神的要因やアルコール、タバコといった嗜好的要因などがあります。

 

あるいは運動不足による肥満についても要因になりえます。

 

また、運動不足による肥満については、高血圧の原因にもなるのです。

 

高血圧性脳出血を含む脳出血を起こす危険性をさげる為にも、日常生活に気をつけることが大切です。