高血圧性脳症

高血圧性脳症

 

高血圧の人が注意すべき症状のひとつに、高血圧性脳症があります。

 

高血圧性脳症の症状が出ているのにもかかわらず放置した場合には、脳出血や心不全などにまで発展し、最悪のケースでは死亡にまでつながります。

 

高血圧性脳症の原因は、脳にある血管が血圧に対して、収縮や拡張を行う許容範囲を超えてしまうことで起こります。

 

許容範囲を超えた血管から血漿成分がしみ出し、脳浮腫ができることで脳の内圧があがり症状が現れます。

 

高血圧性脳症の症状としては、頭痛、吐き気、嘔吐などが症状の初期に出ます。

 

さらに進行した場合には、けいれんや意識障害になります。

 

また、普段から血圧がそれほど高くない方でも、発症することがあるので注意が必要です。

 

特に妊娠中の女性が妊娠中毒症になることで、急激に血圧が高くなって発症するケースがあります。

 

初期症状が継続した場合は、速やかに病院にいき検査することが大切です。

 

初期症状であれば脳出血のように手術する必要はなく、血圧降下剤や脳浮腫治療剤などの治療を処方してもらうことで、血圧をコントロールすることで治療が可能でしょう。

 

もちろん血圧が高くなると、この他にも様々な病気を併発する可能性が高まるので、普段から食事など気をつけることが大切です。

 

また、普段から血圧測定などを定期的に習慣づけていきましょう。