高血圧の合併症と脳梗塞

高血圧の合併症と脳梗塞

 

脳梗塞は、脳に血液を送る血管に血栓ができたり、なんらかの理由で血液の流れが滞ったために脳細胞が壊死を起こす病気です。

 

脳は血液により栄養や酸素を得ており、血流が阻害されるのは重大な問題なのです。

 

脳の細胞が死んでしまうため、症状としては意識障害や麻痺などが起こります。

 

様子がおかしいと感じたらす、ぐに病院にいくことが治療に一番大事なことです。

 

最近では医学が進歩し、早い段階での治療であればかなり有効な薬もあります。

 

そのため脳梗塞が起こって壊死が始まっても早急に薬を投与することにより、血流を回復することができるのです。

 

そうすれば障害を残すことなく回復できる可能性も大きいのです。

 

しかし予防策として重要なのは、脳梗塞を起こさないことです。

 

脳梗塞の原因は高血圧、糖尿病、ストレス、心臓病、喫煙などたくさんあります。

 

しかし最も多いのが高血圧です。

 

最大血圧が160mmHg以上、もしくは最小血圧が95mmHg以上ある高血圧の人は、脳梗塞になる確率が3倍高いという研究結果もあるほどです。

 

高血圧の場合、動脈硬化になっている可能性が高くなります。

 

動脈硬化は、血管自体が弾力を失っていたり、血管の内部にいろいろなものがたまり、せまくなっている状態を指します。

 

動脈硬化は体の外側からは起こっているかどうかがわかりづらい症状です。

 

防ぐためには高血圧にならないようにするのが第一歩なのです。