高血圧の改善と特定保健用食品

高血圧の改善と特定保健用食品

 

高血圧の予防方法として運動を行うことや減塩などがありますが、特定保健用食品の摂取も予防には有効な手段です。

 

高血圧にはラクトトリペプチドやサーデンペプチド、ゴマペプチドやかつお節オリゴペプチドという成分が有効だとされています。

 

特定保健用食品というのは、健康食品のうち安全性や有効性が、厚生労働省の定めた基準以上の満たした食品のことです。

 

健康作りのための食生活改善のきっかけとして、導入され指定のマークで判別することができます。

 

その中でも高血圧に対して、ペプチドやギャバ、杜仲葉配糖体などが高血圧の要因を抑え、血圧をコントロールする効果があります。

 

副交感神経を刺激したり、血圧を上げる酵素の働きを抑えたりして、高血圧を予防するのです。

 

薬局やスーパーなどで錠剤や清涼飲料水、乳酸菌飲料やお菓子など、様々な形状で市販されているため、服用がしやすく、負担になりにくいです。

 

また、金額も降圧剤などの医薬品に比べ大変安価で購入でき、気軽に摂取できるでしょう。

 

特定保健用食品は、飲み続けて初めて効果が現れてくるものです。

 

ジョギングなどの運動などと併用することも効果的でしょう。

 

しかし、特定保健用食品は医薬品に代わるものではありません。

 

よって特定保健用食品に頼ることはせず、あくまでもきっかけとし、運動や食生活の改善をやっていきましょう。