高血圧の改善と漢方薬

高血圧の改善と漢方薬

 

高血圧は運動や食事などといった日頃からの生活に注意が必要ですが、最近下腹部が出てきた方も注意が必要です。

 

また、体はスマートでもストレスや不規則な生活をしている方も要注意です。

 

最近は、この高血圧に効く薬がたくさん出てきています。

 

確かに、高血圧の治療の際に使われる降圧剤は、効果の早さや確実性の面で優れた効果を持っています。

 

そのため、多くの方がそうした薬に頼っているのは事実です。

 

しかし、こうした薬で怖いのは、この薬だけではありませんがやはり副作用でしょう。

 

降圧剤が脳細胞を殺して、認知症患者を増やしているというようなことも耳にしたことがあるでしょう。

 

ですので、古き良き治療法という漢方薬での高血圧治療が見直されています。

 

漢方薬にも様々な種類があって、色々なメーカーが販売しています。

 

例えば、有名な漢方薬としてあげられるのは、大柴胡錠(だいさいこじょう)で、この漢方は、伸和製薬株式会社が発売しています。

 

サイコやハンゲ、オウゴン、シャクヤクなどといった、8つの成分を主成分としていて高血圧や頭痛、肩凝りにも効果的です。

 

続命湯エキス散コタローは、小太郎漢方製薬株式会社が販売する漢方薬です。

 

ニンジンやショウキョウ、ケイヒ、マオウなどを主成分としていて、同じように高血圧や頭痛、肩凝りなどの症状に効果があります。