高血圧の改善とセサミン

高血圧の改善とセサミン

 

ゴマの中には、セサミンという抗酸化物質があります。

 

セサミンという言葉は、今やテレビや雑誌でもよく見かけるのでご存知の方も多いことでしょう。

 

セサミンは体内に取り込まれると、その強い抵酸化作用により、コレステロールを低下させ、乳がんや肝臓がんの発生を抑制します。

 

そして、高血圧にならないよう、自律神経を調節し、脂質の代謝を促進したりする効果があることがわかっています。

 

そのため、セサミンを積極的に摂取することは高血圧を予防して、血圧上昇を抑えるためにとても効果があるのです。

 

コレステロールを下げるということは、動脈硬化にもなりにくくなります。

 

動脈硬化にならないということは、心臓から動脈に流れた血液が血管壁に与える圧力が低くてもスムーズに血液が流れるので、結果的に高血圧を抑える役目となるのです。

 

高血圧の人は、普段の食事からゴマを積極的に摂取するように心がけるとよいでしょう。

 

ゴマだけを食べるのは難しいので、一番簡単に食べられるのはふりかけのように、ご飯にゴマをぱらぱらまぶしたり、ほうれん草やブロッコリーの胡麻和えなどを一品に加えて食べるようにしましょう。

 

セサミンだけを抽出したサプリメントも各メーカーから市販されているので、高血圧の予防のためにも、食事だけで摂取するのが難しい場合は、サプリメントを同時に併用すると必要量が毎日摂取できます。