高血圧の合併症と脳卒中

高血圧の合併症と脳卒中

 

日本人の死因の上位を占めているのが脳卒中です。

 

これには脳梗塞と脳出血、くも膜下出血などの種類がありますが、いずれも大きな原因となっているのが高血圧なのです。

 

高血圧は、血液を体中におくる働きをしている心臓が、高い圧力を常にかけなければいけない状態になるために起こります。

 

高血圧の原因は、遺伝的要素や塩分をとりすぎる食事、またはストレスなどさまざまで断定することはできません。

 

そのような高血圧にまったく気づかず生活していると、脳卒中にいたる可能性が高いというデータもあります。

 

逆に血管に負担をかけないように、すなわち血圧に気をつかって生活をしていれば発症率はぐっと下がるのです。

 

脳卒中になってしまうと死をまぬがれても、寝たきり状態や、障害が残る場合などがあり、その後の生活に大きく影響します。

 

やはり脳卒中を発症しないことが重要になってくるのです。

 

ではどうすれば発症しないようにできるでしょうか。

 

まずは高血圧にならないよう生活するようにしましょう。

 

定期的に運動することや、肥満やストレスの解消、できれば禁煙が望ましいですね。

 

過度のアルコールも血圧をあげる要因になりますので注意しましょう。

 

なにより大事なのは血圧を管理することです。

 

毎日時間を決めて測れば普段の血圧もわかりますし、高い状態が続いたのであれば下がるよう対処もできるのです。