高血圧の改善とゾンビ体操

高血圧の改善とゾンビ体操

 

ゾンビ体操は高血圧の人にオススメの体操です。

 

ゾンビ体操には血圧を下げたり、血管年齢を若返らせる効果があります。

 

ゾンビ体操の考案者は、池谷医院院長の池谷 敏郎先生です。

 

 

<池谷 敏郎先生のプロフィール>

 

1962年、東京都生まれ。

 

東京医科大学医学部卒業後、東京医科大学病院第二内科に入局。

 

血圧と動脈硬化について研究する。

 

1997年、医療法人社団池谷医院理事長兼院長に就任。

 

専門は内科・循環器科、現在も臨床現場に立つ。

 

東京医科大学循環器内科客員講師、日本内科学会認定総合内科専門医としても活動する。

 

テレビ番組『はなまるマーケット』、『カラダのキモチ』、『これが世界のスーパードクター』、『林先生の今でしょ!講座』、『世界一受けたい授業』、『金スマ』、『めざましテレビ』などに出演。

 

わかりやすい医学解説が好評を博している。

 

<池谷 敏郎先生の主な著書>

 

血管・骨・筋肉を強くする! ゾンビ体操

 

血管の名医が教える15歳若返る習慣

 

動脈硬化を防ぐおいしいレシピ

 

老けない血管になる腸内フローラの育て方

 

ゾンビ体操が血圧を下げるのに効果があるのは、『NO(一酸化窒素)』が血管内で発生するためです。

 

一酸化窒素は血管拡張が期待されている物質です。

 

一酸化窒素で血管が拡張して血圧が下がるというのがゾンビ体操の特徴です。

 

普通の有酸素運動でも同じような効果は得られますので、時間のある方はウォーキングでも構いません。

 

池谷敏郎先生は、忙しくて運動が出来ない人のために、自宅で簡単にできる体操を考案されました。

 

ゾンビ体操のやり方は、以下の通りです。

 

1.姿勢よく立つ。

 

2.お腹を凹ませて上半身はリラックスして脱力。

 

3.つま先立ちで小刻みにその場でジョギング。

 

4.肩が勝手に揺れるのを少し意識的に大きく揺らすと手がブラブラとします。
(幼い子がイヤイヤをするような真似)

 

5.これを1分間続けます。

 

6.30秒間はクールダウンとして歩くペースの足踏み。

 

この時に手がジンジンしていればOKで、一酸化窒素が発生されている証拠です。

 

7.1分間と30秒間のセットを3回繰り返します。

 

 

池谷敏郎先生は公式ブログで、起床時の朝に血圧を下げるゾンビ体操を行うのが重要だと言っています。

 

起床時は血圧が一気に上がりやすい危ない時間帯なので、「布団の中で1分体操」、「洗面所に行くまでもゾンビ」、「ゾンビ歩きでトイレに」などをすると良いと言われています。

 

ゾンビ体操をすると血管が拡張して、血圧を少し下げるので、脳溢血や心筋梗塞の予防にもなるそうです。

 

高血圧には運動不足解消のため軽く歩くことも良いとされていますが、血圧を下げるゾンビ体操も同時に行ってみるのも良いのではないでしょうか。

 

こういった体操はちょっとした時間にできるのでお勧めです。