高血圧の改善と有酸素運動

高血圧の改善と有酸素運動

 

高血圧の方は、まずは食事療法に取り組むのではないでしょうか。

 

塩分やコレステロール、カロリーの多いものの摂取を控えて、高血圧を下げてくれる栄養成分の多く含まれている食品を摂取するということは非常に大切です。

 

さらに、お医者さんから薬を処方してもらって飲んでいる、という方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、高血圧にはそれだけでなく、適度な運動も効果的です。

 

日々の生活に運動を取り入れることによって、血管を柔らかくし、血液をさらさらの流れやすい状態にしてくれます。

 

その結果、高血圧を改善したり予防したりすることができるのです。

 

運動する場合は、必ず有酸素運動を心がけてください。

 

息を止めながらやる無酸素運動は、逆に血圧が上がってしまい、高血圧が悪化する恐れもありますので避けましょう。

 

有酸素運動といえば、ウォーキングやサイクリング、水泳などがあります。

 

これらの運動も、あまり激しくやりすぎると無酸素状態になってしまうので、あくまでも自分のペースで、ムリのないようにしましょう。

 

目安として、1分間に脈拍が110から120が打つくらいが理想で、軽く汗が出るくらいが良いのです。

 

ただ、循環器系の病気を持っている方は、医師の指示のもとで適切な方法で運動するようにしてください。

 

例えばご飯2.5杯は約300kcalですが、この分を有酸素運動で消費しようとすると、散歩なら110分、ジョギングだと40分、サイクリンで60分、水泳だと30分程度が良いでしょう。