高血圧の改善とタウリンの関係

高血圧の改善とタウリンの関係

 

高血圧を下げる栄養素として、タウリンがあります。

 

タウリンはたんぱく質を作るアミノ酸の一種であり、人間の身体つくりには欠かせない栄養成分です。

 

タウリンは、人間がストレスを感じると体内に増えてしまう、カテコールアミンというホルモンを抑制してくれます。

 

このカテコールアミンは、血圧を上げて高血圧を導くので、タウリンが高血圧に効果的なのもうなずけます。

 

さらに心臓や肝臓の機能を高めてくれるので、動脈硬化予防にもタウリンは効くとされています。

 

人間の体内ではほとんど合成することができないため、日々の食事から積極的にタウリンを取り入れ、高血圧の改善を図りましょう。

 

タウリンは主に魚介類に多く含まれているとされています。

 

ただ、タウリンを多く摂取すると、胃酸が過剰に分泌されてしまうこともあります。

 

胃酸が多く分泌してしまうと、潰瘍を発症させる原因にもなりますので、タウリンを摂取する場合は単独でなく、牛乳などと一緒に摂るとよいでしょう。

 

タウリンを多く含む食品は、魚介類にあって、青魚の秋刀魚や鰯、鯖があり、他には鰹や鰤などがあります。

 

また、貝類ではアサリやホタテなどといった普段手ごろに手に入るものばかりです。

 

中には時期的にしか手に入らないものもありますが、ほとんどどこのスーパーにもあります。

 

高血圧の方は、塩分を抑えた食事を心がけつつ、これらの食品を積極的に取り入れるようにしましょう。