高血圧のための焼きそばレシピ

高血圧のための焼きそばレシピ

 

高血圧を改善していくためには、一日に摂取する塩分の量を減らす必要があります。

 

焼きそばなどは、塩分が多い食べ物なので高血圧の場合、食べたくても食べられませんが、自分で作る事によって、高血圧用の焼きそばを作る事が出来ます。

 

高血圧の場合は塩分を減らす必要があるので、表面へ味付けして、少ない塩分ですむように工夫しましょう。

 

香辛料や、油などを上手に利用して味付けをする事で深みを出していきます。

 

二人分の焼きそばに使用する材料は、中国蒸しめんやアサリ、一口大に切った豚ロース肉を用意します。

 

野菜類はお好みで構いませんが、キャベツやニラ、にんじん、ねぎのなどを入れます。

 

きくらげは高血圧の予防にも適していますので、たっぷりと入れることをおすすめします。

 

逆にあさりはしっかりと、塩抜きしておかなければ塩分を含みますので、逆効果になるので注意しましょう。

 

焼そばを作る際に味付けは、焼そばなので濃い目にしたいと考えますが、我慢をしなければなりません。

 

塩コショウは肉に味付けする程度でほんの少し使うようにして、後は野菜から旨みがでるので大丈夫です。

 

食べるときには、好みでからしと酢を使ってみてください。

 

野菜を沢山食べられる焼きそばなので、カリウムの摂取も出来て高血圧の改善にもつながる料理です。

 

最初は薄く感じ入るかもしれませんが、慣れていくと工夫もできるようになるのではないでしょうか。