高血圧の改善とたまねぎの関係

高血圧の改善とたまねぎの関係

 

高血圧を改善する食事には、血圧を下げる事の出来る成分を含んでいる食材を利用する事で効果的に高血圧の改善をして行きましょう。

 

血圧を下げる事の出来る成分というのは様々な物があり、食材も沢山ありますが、特にたまねぎは高血圧の改善をするのに有効な成分の硫化プロピルやケルセチンを多く含んでいます。

 

この硫化プロピルとは、血液をサラサラにする効果があるので、血行をよくして血圧を下げる効果があります。

 

また、血管を広げる効果もあるので血液サラサラとの相乗効果によって、より血圧を下げる事が出来ます。

 

硫化プロピルというのはタマネギに含まれる辛み成分で、熱に弱いため効果的に摂取するには、タマネギを生で食べる方法が一番効果的です。

 

また、タマネギを切る際に繊維を切るようにスライスする事で、より一層血液サラサラ効果を得る事が出来ますが、水にさらしてしまうと効果が半減してしまうので注意しましょう。

 

タマネギに含まれている、もうひとつの高血圧改善効果を持っている成分のケルセチンですが、この有効成分はタマネギの皮に多く含まれています。

 

ケルセチンは血管を強くする効果が有り、抗酸化作用もあるので、血管を柔らかくして血圧を低下させる効果があります。

 

ケルセチンを効果的に摂取するにはタマネギの皮を水で煮て、出来た煮汁を飲む事で摂取できます。

 

食生活にタマネギを取り入れて、高血圧の改善をして行きましょう。