高血圧の改善と里芋の関係

高血圧の改善と里芋の関係

 

現在、若い年齢の方でも高血圧が増加しているのはご存知でしょうか。

 

高血圧の治療は薬と通院がメインで、後は自分で食事や運動をこまめにしなくてはなりません。

 

高血圧を手軽に予防、改善する方法があるのですが、それは里芋を食べるという方法です。

 

里芋には、ビタミンや食物繊維も豊富に入っているので、身体にいいのです。

 

根菜類は食物繊維が含まれているので体にもいいのですが、その中でも特に里芋にはカリウムが、とても多く入っています。

 

カリウムは余分なものを体から出す働きがありますので、里芋にはこのカリウムが豊富に含まれているために、高血圧に効くということなのです。

 

さらに、里芋のぬめりの成分であるガラクタンも、血圧を下げてコレステロールを下げたりするので、重要なのです。

 

また、里芋のムチンは身体に大事な成分に変わり、胃や腸壁の病気を予防したり、肝臓を強くしたりしてくれます。

 

ですが、里芋を食べるだけでいいと、安心しないでください。

 

やはり、バランスのいい食事を取り、適度な運動をするということなど、日常生活で気をつけることも大切なことなのです。

 

里芋を食べて健康を保つことができるということを考えると、ただ里芋を食べるだけなので、辛くなく続けられるのではないでしょうか。