高血圧の改善とグレープフルーツの関係

高血圧の改善とグレープフルーツの関係

 

グレープフルーツには、様々な栄養素が含まれていて、高血圧の改善にも効果を発揮します。

 

グレープフルーツに特に多く含まれているのはビタミンCですが、これはグレープフルーツ半分の量で1日に必要なビタミンCを摂取する事が出来るほど大量に含まれています。

 

ビタミンCは、美容に効果がある事で知られていますが、血管を健康的にする効果もあります。

 

グレープフルーツに豊富に含まれているのは、ビタミンCだけではなく、カリウムも多く含まれています。

 

高血圧の場合このカリウムには、心臓や筋肉の収縮を助ける効果や新陳代謝を活発にする効果、血圧を下げる効果があります。

 

また、ピンクグレープフルーツの場合は、リコピンが含まれています。

 

このリコピンというのはカロチンの一種で、体がビタミンAを必要としている場合に、ビタミンAに姿を変えて作用します。

 

このビタミンAは、皮膚や粘膜の栄養として知られていますが、血管にも効果があるので、動脈硬化などの無い健康的な血管にする事が出来ます。

 

そのため、高血圧の予防や改善といった効果も期待できます。

 

グレープフルーツで高血圧を改善する事は出来ますが、注意しなければならない事もあります。

 

それは、高血圧と診断され降圧剤を服用している状態でグレープフルーツ、グレープフルーツ加工品を摂取する事です。

 

降圧剤の効果が高まってしまい、中毒症状が出る場合もあります。