高血圧の民間療法

高血圧の民間療法

 

高血圧の治療をするのに降圧剤を利用する方法がありますが、食事によって血圧を下げる、栄養などを摂取する事によって高血圧を治療する、民間療法というものがあります。

 

この治療法は、血圧を下げる効果や血行を促進する栄養など、血管を強くする栄養などを食事によって摂取する事で、薬を使用せずに血圧を下げ、正常に保つ事が出来るというものです。

 

高血圧を改善するのに有効な栄養素は、血圧を下げる効果のあるカリウム、毛細血管の拡張効果のあるマグネシウム、血圧を下げ正常値に保つタウリン、血行の促進をするカゼインなどがあります。

 

カリウムは、干し柿やトマト、さつまいも、いんげん豆、ひじき、バナナ等に多く含まれています。

 

マグネシウムは、野菜全般、大豆類、魚介類、バナナ、リンゴなどに含まれています。

 

タウリンは、さざえ、とこぶし、帆立貝、たこ、やりいか、ずわいがに等の魚介類に多く含まれています。

 

カゼインは、牛乳や乳製品に多く含まれています。

 

これらを毎日の食生活に取り入れる事と、1日に摂取する塩分の量を6〜8gに抑える事によって高血圧を改善していく事が出来ます。

 

また食事に気を付ける以外にも血行をよくするために、ぬるめのお風呂に長い時間入り体を芯から温める事や軽く近所を歩くよう、

 

運動をすることを心がける事で、高血圧の改善により効果が期待できます。