高血圧とピルの服用の関係

高血圧とピルの服用の関係

 

生理の時に痛みが強い方や量が毎回のように多い方、また生理不順などに関するトラブルがある方は、ピルを服用するという手段もあります。

 

ピルを服用すると生理日の予想が経ちやすく、生理の苦痛軽減、ホルモンバランスの安定、またがん予防にもなるともいいます。

 

しかしその反面、ピルには広い範囲で副作用が出て様々なリスクを伴うのも事実です。

 

例えば、不正出血や吐き気・便秘、乳房の痛みなどがありますが、これらは徐々に改善されていくので、初期症状のみと言えるでしょう。

 

また意外に知られていないのが高血圧です。

 

ただ、人によって症状に関する強弱も違うのですが、副作用としてなる場合もあります。

 

血圧が上がるのは200人に1人程度と可能性としては極めて少ないのですが、こういった症状も副作用としてみられることはしっかりと頭に入れておいて方がいいでしょう。

 

そして高血圧になりやすいということは、心筋梗塞や脳梗塞などの疾患も併発しやすいのです。

 

なかには、脳梗塞や心筋梗塞を起こす可能性も十分にあります。

 

さらにはもともと、高血圧気味のような方にも高血圧になる確率を高めさせてしまうこともあります。

 

ピルを飲んで高血圧になってしまったというよりは、誘発する可能性の方を考えられていますので、服用の際には高血圧の有無や喫煙の有無の確認がされます。

 

その他の副作用としては性感染症があります。

 

これはピルそのものを飲んでなるわけではなく、飲んでいることの安心感より性感染予防を怠ってしまうところからきています。