高血圧と高齢者の関係

高血圧と高齢者の関係

 

高齢になってくると、血圧も上昇しやすくなってきてしまいます。

 

高齢者の高血圧は少なくいどころか非常に多いです。

 

さらに高齢者は、脳卒中や心臓病などになるリスクも非常に高くなってきます。

 

そのためにも高血圧治療することが、予防に繋がるとも注目されています。

 

年を重ねると共に、太い動脈血管も詰まったりする症状が起こりやすくなります。

 

その血管の硬化が原因で、さらに血圧が上昇してしまいます。

 

また血圧変動が大きいのも高齢者の血圧の特徴のひとつです。

 

この高血圧以外にも心臓や腎臓、脳などにも疾患が出やすいのもそうです。

 

高齢者の一番の高血圧予防と改善は、やはり生活習慣の見直しです。

 

食事・運動・嗜好品など生活面全般においての見直しから始めます。

 

そして、降圧剤もバランスよく取り入れての血圧安定を計っていきます。

 

もちろん、高齢者の場合、効きすぎて下がりすぎる可能性も十分に考慮します。

 

しかしながら高齢者の場合、高血圧だけに限ることではありませんが、皆、同じようなプログラムでの改善方法はとりません。

 

生活習慣一つをとっても、何十年してきた生活を一気に変えるのは無理なことです。

 

その変化が別の疾患をもたらし、精神的な負荷をかけてしまうことになります。

 

そのためにも個別での改善プログラムをとっていくことで、個人に合った対応をすることが非常に大事になってきます。