高血圧と透析患者の関係

高血圧と透析患者の関係

 

透析の種類には色々なものがあります。

 

腎不全になると、尿毒症を起こす可能性があるので、それを防がなければいけません。

 

透析とは腎臓の機能が低下した人に、人工医療で血液をキレイにして水分量を調節し、電解質を保つのをスムーズに行う為の方法です。

 

腎機能の低下は生活習慣病からなることからも、糖尿病や高血圧と関わりが大きくあることがわかります。

 

ただし、透析中の血圧としては、高血圧ばかりではなく低血圧にも留意が必要です。

 

場合によっては死をももたらすほど危険との隣り合わせです。

 

しかし、透析患者は血圧の変動が大きいので、いつのときの変動かというところが、低血圧・高血圧に値するのかが難しいところです。

 

透析中の血圧コントロールは難しいですが、高血圧値と低血圧値を見極めて、きちんとコントロールをしながら行わなければいけないのです。

 

予防策としては生活習慣病の予防策と似ており、食事療法・運動療法があげられます。

 

また、透析患者の場合は食事に関しては厳しい制限もあるので十分に注意が必要です。

 

もちろん、高血圧や糖尿病そのものを改善することで、腎機能の回復にもつながっていきます。

 

塩分やカロリーを始めとして、カリウムや水分などにも制限がかかってきます。

 

このルールを守らないと、透析時においての身体の負担やトラブルのもととなります。

 

そうはならないためにも早い段階での生活習慣の見直しをして、予防策をとっていくことが大事です。