高血圧と緊張の関係

高血圧と緊張の関係

 

体内循環している血液は、心臓から全身に送り出されています。

 

心臓がポンプのように押し出すときに、血液が血管の壁に圧力をかけるのですが、この圧力がかかる状態を血圧といいます。

 

血圧は精神的な部分にも左右されやすいもので、驚いた時や緊張すると、心臓が急に早く動いたりします。

 

この時に血圧は著しく上昇して、高血圧かもしれないと考えてしまします。

 

このときに血圧を測ったら、一過性ではありますが高血圧になります。

 

この一過性程度であれば逆に生活そのものが、活気につながるもので良いものです。

 

しかし、この緊張状態が継続することは、身体の負担になります。

 

身体への負担は大きくかかりすぎると、疾病としての高血圧へと進行する可能性も十分にあります。

 

このバランスを保つのが非常に難しいのです。

 

負担が掛かり過ぎる高血圧の生活は、当然よくありません。

 

人間には適度な緊張はいいのですが、過度なものは自分の身体そのものも左右します。

 

適宜緊張があるほうが良い方や時々あれば十分と言う方もいることでしょう。

 

その都度緊張度合いも、大きなものがあったほうが刺激となる方もいれば、刺激が強すぎると高血圧などの疾患につながる方もいます。

 

そして、この適度な緊張度合いというのは人によって違います。

 

自分の適度な範囲をしっかりと自分の身体に教え込むことが、大事なことと言えます。