高血圧とコレステロールの関係

高血圧とコレステロールの関係

 

動脈硬化が起こっても血流が悪くなり、脳や心臓などをはじめとする様々な働きが鈍くなり、重大な病気へとつながってしまいます。

 

そして動脈硬化が起こる原因には、血中コレステロールとも深い関係があるのですが、それは高脂血症や喫煙、肥満、ストレスなども関係してきます。

 

高血圧の原因には様々な要因があります。

 

血中のコレステロールや中性脂肪を下げることも、高血圧を安定化させるための大事な要素です。

 

そのうちの一つに肥満があげられます。

 

肥満解消には運動療法と食事療法が一番効果的とされています。

 

食事療法はカロリー量や栄養バランスが取り上げられ、そして運動療法では有酸素運動が一番いいとされています。

 

コレステロール値を下げるためには血圧を下げるのがよく、また反対のことも同じく言えることです。

 

血圧もコレステロールもどちらも下げないといけないと意識することは大事ですが、それが逆にストレスにならないようにもしないといけません。

 

ストレスになると、さらに血圧は上がって好きなものを食べ過ぎてという繰り返しで、栄養バランスがさらに偏ることも多くあります。

 

すると悪循環で高血圧もコレステロールも減るどころか増えてしまうので、上手に付き合って改善していきたいものです。