高血圧と運動不足の関係

高血圧と運動不足の関係

 

今の時代、健康ブームで健康に関する商品などがたくさん販売されています。

 

その健康ブームは、色んな形で出てきています。

 

健康ブームには食事の他にサプリメントなどの補助食品がありますが、そのうちの一つとして運動があります。

 

例えば、ジョギングをした直後に血圧を測ってみると、一時的ではありますが血圧が上がっています。

 

しかし、適度な運動であれば、むしろ血管の緊張が和らぎ血圧を下げる効果をもたらしてくれます。

 

さらにコレステロールが活発に動いた筋肉により消費され、血中コレステロール値が低下し、さらにはこの運動がストレス発散にもつながります。

 

その反対に運動不足で、体を動かすことが少ない方は高血圧にもなりやすいのです。

 

肥満の方が運動不足なのも、高血圧につながっているのです。

 

このような高血圧のことを本態性高血圧と言います。

 

この本態性高血圧は、ほとんどが日常生活上の不摂生から発症してきます。

 

だからといって、運動をすればいいのかというと、そういうわけではありません。

 

今まで全く何の運度もしていなかった方が、急にマラソンなどの激しい運動をすると、心臓発作などを起こしてもおかしくありません。

 

ここでいう運動とは、適度なその人にあった運動のこと言います。

 

毎日少しずつ身体を慣らしていき、継続させることが非常に大事なポイントです。