高血圧と塩分の関係

高血圧と塩分の関係

 

高血圧の改善・予防には運動療法と食事療法が、良いとされています。

 

その中でも一番効果的なのが、塩分摂取量の制限です。

 

高血圧は塩分の取りすぎが原因とされていますが、何気なしに毎日の食事などで摂っている塩分量は、目標量6gの2倍なのです。

 

これは目標の倍近く、摂っていることになります。

 

また、さらに塩辛いのを好む方はそれ以上に摂取していると考えられます。

 

いきなり12gを6gにただ減らしてしまうと味の変化も大きく、ストレスとなる可能性もあります。

 

このストレスも高血圧の原因ですし、またさらに過剰に摂る可能性も出て、高血圧の方向へただ、近づいているだけなのです。

 

まずは、普段摂取している塩分量を見直してみてください。

 

そして、それを踏まえて、少しずつ減塩していくのがいいです。

 

1日1g程度減らしていけば、薄味にも徐々に慣れてきて最初は苦痛でも、徐々に抑えることが出来ます。

 

さらなる工夫としては、塩分を減らす変わりに、他の調味料や香辛料を上手に使うこともポイントとなってきます。

 

例えば、レモンなどの酸味料での味はさっぱりしますし、舌にもいい刺激を与えてくれます。

 

それから、インスタント食品などは塩分量がかなり多く入っています。

 

食べる前に塩分量をみるのも意識を高める一つの手段です。

 

減塩はなかなか難しいものですが、少しずつ食卓に取り入れ、また工夫をすることで、苦にならなくなります。

 

減塩に慣れていき、高血圧も早く改善することで、健康への維持・改善していきましょう。