高血圧とお酒の関係

高血圧とお酒の関係

 

お酒を飲むと心臓が早く鼓動を打つのが分かります。

 

心拍数が上がって、血圧が上昇するのです。

 

この結果は研究の結果で、医学的にも立証されています。

 

ただ、お酒を飲んだ場合の上昇は、高血圧という疾患までには至らないのです。

 

日々の習慣としてお酒を飲んでいる人は、飲まない人と比べると、高血圧にかかる度合いは高いということは明確です。

 

さらに、お酒の摂取量が過剰な方や毎日摂取するような長期の方は、他の疾患を誘発することもあるのです。

 

これだけみると、お酒を飲むと高血圧になってしまうと感じるかも、しれませんがそうではありません。

 

アルコールは血管収縮させることもあれば、拡張することで下げることもあるのです。

 

お酒の過剰な摂取は、他の疾患の誘発はもちろんですが、高血圧そのものにもなってしまうということです。

 

現状において毎日飲む人も、毎日の摂取量が多いのは危険です。

 

毎日、少量程度飲むのは逆に健康にも良いと医学的根拠のもとでのことです。

 

毎日少量程度の飲酒は高血圧はもちろん、脳梗塞や心筋梗塞、さらには癌へのリスクも低くなるとされているのです。

 

今まで毎日飲んでいた人が、健康に悪いと止められるのもストレスとなり、血圧上昇の原因となります。

 

まずは飲む量を見直してみるのが一番良いことですし、健康にも気を使うようになるのではないでしょうか。