高血圧とタバコの関係

高血圧とタバコの関係

 

タバコは年々規制もかかっていて、体には有害な物質であるということが定着しつつあります。

 

タバコを必要以上に吸いすぎてしまうと、気管支や肺などに悪影響を与えてしまいます。

 

また、癌になる確率も高くなるのです。

 

タバコは化学物質が大量に含まれていて、それによって癌などの病気を誘発させます。

 

高血圧は生活習慣病としても有名な疾患で、タバコは血圧と非常に大きなかかわりがあるのです。

 

タバコに含まれるニコチンが血管を収縮させることで脳の働きに刺激してくれて、ストレス感の開放などをもたらします。

 

このニコチンは血管を収縮させ、血圧を上昇させる働きがあるのです。

 

これが継続すると高血圧になります。

 

タバコを1本だけ吸って、それだけで数値が上がったままの状態とまではいきませんが、吸った場合は一時的にも高血圧状態になります。

 

タバコは体内循環を良くする刺激物ではありません。

 

逆に体内循環を悪くして、体に害をもたらします。

 

タバコは男性が吸うイメージがありましたが、今では若い女性も吸っています。

 

お酒と同じで、適量を守らなければ高血圧になって治療が必要になってきます。

 

高血圧にならないよう、できるだけ禁煙を心掛けるのが一番の治療なのです。

 

現在は病院の診療科目の中に、喫煙関係の治療があります。

 

どうしてもタバコの本数が減らせない人、高血圧の心配がある人は受診をしてみるのもよいかもしれません。