高血圧とストレスの関係

高血圧とストレスの関係

 

血圧は精神的な部分にも非常に左右されやすく、一時的に高血圧や低血圧になることもあります。

 

現代社会は以前に比べてストレスも多く、ストレスを感じないで生活している人は居ないでしょう。

 

現代社会においてのメンタル的ストレスは、自分で思っている以上の負荷がかります。

 

仕事をすることもそうですが、何より一番の悩みの種が対人関係です。

 

人間は一人では生きていけません。

 

しかし、気の合う人ばかりではく、苦手な人もいます。

 

よく自分と合わない人と行動を共にしたりすると、ストレスを感じることがあるのではないでしょうか。

 

中には、苦手な人に会うと緊張し、一時的に高血圧状態になることもあります。

 

ただし、この状態が一時的なことならまだいい方ですが、通常の生活の大半を占めていたら、負荷はもっとかかります。

 

回避方法がないままでいると常に緊張状態が続き、高血圧状態も継続して、その人の疾患として血圧が上がってしまうこともあります。

 

なるべく緊張状態になる状況を極力最小限に抑えるようにしていきます。

 

それは高血圧状態にならない工夫ともいえます。

 

一人のときや気の許せる人たちとの時間を楽しむことも大切ですし、自分の趣味や楽しみをするのもいいことでしょう。

 

もちろん、時には本当の休息ということで、寝ることも大切です。

 

ストレスを解消するように心掛けていけば、高血圧も自然と治まるのではないでしょうか。