高血圧と肥満の関係

高血圧と肥満の関係

 

肥満と高血圧は、切っても切れない関係となっています。

 

高血圧は生活習慣病の一つとしても定着している疾患です。

 

生活習慣病の原因としては、栄養過多・ストレス・運動不足などがあげられます。

 

このどれをとっても、肥満へつながる要素を持ち合わせています。

 

肥満の方は食事量が多く、栄養が過多になりがちです。

 

また動くのが苦手、身体が思うように動かずにいるのも運動不足にも陥りがちです。

 

また、皮下に付く脂肪よりも内臓に付く脂肪が、血圧の上昇の原因となります。

 

このように肥満の方がダイエットにより内臓脂肪が落ちて、体型が落ちつくこともあります。

 

肥満の方の血流量は健康体の人よりも勢い良く全身流さなければ、いきわたりません。

 

また血中の血液も脂質が多くドロドロ血液なので、流れにくいのです。

 

それに加え体脂肪も多く、血管を圧迫して心臓への負担も大きくなります。

 

このことが高血圧を生み出す原因を、大量に持ち合わせているのです。

 

予防の為には塩分・カロリー控えめでバランスの取れた食事と、適度な継続した運動をすることが一番の対策法といえます。

 

高血圧は体内を流れる血液の循環を悪くして新陳代謝が不活発なことから、肥満へと導かれることにもなるのです。

 

高血圧と肥満には色々な病気を引き起こす原因を持っていますが、高血圧は普段の食生活に注意すれば防ぐことが出来るのです。