高血圧が招く合併症

高血圧が招く合併症

 

毎日血圧を測定していれば別ですが、高血圧は比較的気づきにくい病気です。

 

自覚症状がないことが多く、なんらかの体調の不調があるために医師の診断を受け、それではじめて血圧が高いことに気づくのです。

 

初期の頃には、高血圧の自覚症状はほとんどありません。

 

怖いのは、それが原因で引き起こされる合併症なのです。

 

合併症の中には、命に関わるものも少なくありません。

 

気づかないでいるうちに合併症がどんどん進行してしまいます。

 

そのため会社や自治体などは健康診断に力をいれ、なるべく初期段階で高血圧を含む病気の発見を促しているのです。

 

代表的な合併症は脳、心臓、眼、腎臓、動脈におこります。

 

そして合併症の中には、高血圧そのものが原因でおこるもの、もしくは高血圧が促進した動脈硬化を原因としておこるものの2種類に分類できます。

 

脳内出血や心臓の左室肥大、うっ血性心不全、解離性動脈瘤などが直接的な原因としておこる病気です。

 

このような病気は、血圧をさげるよう治療をすることで回復が期待できます。

 

しかし、動脈硬化を原因としている場合には、血圧がさがっても治療効果はありません。

 

動脈硬化によって血流が阻害されることで起こる病気だからです。

 

自覚症状がでてからでは、手遅れになる可能性が高いと言えるでしょう。

 

日ごろから血圧を測定することで、普段の血圧を把握するのが大事なのです。