高血圧と目の病気の関係

高血圧と目の病気の関係

 

高血圧になると様々な病気を併発します。

 

併発する病気の中には、高血圧が原因で目に病気の症状が表れるもの存在するのです。

 

高血圧性網膜症と呼ばれる病気がそのうちのひとつです。

 

症状としては、網膜からの出血や白斑が出現します。

 

しかし、病気にかかった初期の段階ではほとんど症状がなく、多くの場合は症状が表れた際には病気が進行している状態です。

 

この病気の症状が進行中に網膜から出血が起こった際は、網膜の機能障害が発生し視野が狭くなって、だんだんと視力が悪くなっていきます。

 

また、症状が表れているにもかかわらず放置した場合には、失明にいたる最悪のケースになりかねません。

 

いずれにしても、病気の根本的な原因は高血圧になりますので、血圧の適切な治療を行うことが大切でしょう。

 

既に高血圧の症状があるいる方は、目の病気を併発していないか、眼科の検診を受けることも大切です。

 

一般的には血圧が高くなった際、診断には網膜の血管をみることで判断材料にします。

 

したがって血圧が高くなった時に、網膜の血管に早期で症状が出てくることもあるのです。

 

この為、血圧そのものの自覚症状がない方でも眼科の検診を受けることで、目の病気以外だけではなく、高血圧の症状が発覚するケースがあります。

 

眼科から症状が発覚した場合は、すみやかに内科の検診をうけることが大切です。