高血圧と顔のほてりの関係

高血圧と顔のほてりの関係

 

風邪などの症状がなく顔のほてりが気になる場合には、血圧に異常が起こっている場合があります。

 

顔のほてりがでる血圧の病気としては高血圧があります。

 

顔のほてりが出やすくなるのは、一般的に夕方から夜にかけてと言われています。

 

また、疲労からもほてりが出やすくなります。

 

ただ、高血圧の場合には顔のほてりだけでなく、一般的に頭痛や頭重感などの症状が出やすくなります。

 

これらの症状が併発している場合は、高血圧を疑う必要もあります。

 

血圧の測定をしたりすることが大切でしょう。

 

しかし、ほてりなどの症状がでず、血圧が高くなっていても、高血圧の自覚症状がない方も多いでしょう。

 

普段から血圧測定を習慣づけておくことも大切ではないでしょうか。

 

もちろん、血圧測定で高血圧に不安を感じたら速やかに病院で検診を受けることも大切です。

 

病院での検診では内科だけでははく、血圧が高くなることで併発する病気についても検診を受けることが必要です。

 

例えば、血圧障害で併発しやすい病気である高血圧性網膜症になっていないか、眼科の検診を受けることなどになります。

 

いずれにしても、顔のほてりなどが発生した場合は、身体に何かしらの異常が起きている為に症状が出ているケースが多くなります。

 

血圧以外の原因もありますが、何かしらの対策をすることが大切でしょう。