高血圧と頭痛の関係

高血圧と頭痛の関係

 

高血圧の人は一般的に、頻繁に頭痛が起こりやすいといいます。

 

しかし、その原因はまだはっきりと特定されていません。

 

高血圧の頭痛というのは、それほど心配の必要はないようで、高血圧の頭痛の仕組みは、血圧変動に大きく左右されるようです。

 

要するに治療によって一旦血圧が下がっても、また上がると頭痛になります。

 

脳内の血管が急速に広がることで、神経が刺激されることによって、体がそれを敏感に感じ取り、頭痛になってしまうとされています。

 

朝起きたときに頭痛が起きやすいのは、睡眠中に脳に炭酸ガスがたまり、早く排出するために血管が急速にひろがるからなのです。

 

高血圧で起こる頭痛が、生命の危険を脅かす場合もあるので注意が必要です。

 

こうした場合は、その原因が腎臓障害や妊娠中毒症などからくると考えられています。

 

このようなケースでは、激しい動悸、けいれん、そして意識障害などを伴い、重篤な症状を引き起こす場合もあるのです。

 

こうした重い症状が出現した時は、すぐに救急車を呼んで、血圧を下げる治療を施す必要があります。

 

生命が危険にさらされている症状なので、一刻も早い処置が必要です。

 

高血圧は元々の体質にも関連しているので、普段から上手に付き合うことも大切です。

 

食事や運動などの日常の生活習慣を改善することです。

 

頭痛から解放されるためにも、自分自身でできるだけの改善努力をしていきましょう。