高血圧と肩こりの関係

高血圧と肩こりの関係

 

肩こりが酷くてどうすればいいのかと、困っている方が多いそうです。

 

このような症状がある時は高血圧かもしれないので、注意して下さい。

 

高血圧とは、血圧のコントロールがうまくできていないということや色々な原因で血液や血液中の酸素が不足してしまうということです。

 

酸素が不足して血液が身体をうまく回らないことも肩こりの原因となりますが、高血圧によってうまく血液が回らないことから、身体が頑張ろうとして熱を持って肩にも熱が溜まり、肩こりが発生するとも考えられています。

 

この原因のような考え方で、様々な病気と高血圧がつながっているとされています。

 

しかし、すべての病気と関係があるわけではありません。

 

多くの場合、年を重ねていたり、生活習慣や遺伝的な問題があったりして、病気がないのに高血圧になっています。

 

だから、ただの肩こりだからと身体のサインを見逃さず、まず検査に行ってみてください。

 

高血圧から来ている肩こりかもしれません。

 

また、原因が事前に分かっている場合も、将来重大な病気につながっていくかもしれません。

 

また、何か変化があった時は、早めに精密検査をして、治療を始めることをお勧めします。

 

肩こりを軽減させるには、肩をよくほぐすこと、疲れを溜めないことですが、病院へは必ず行くようにしましょう。

 

健康に気をつけて、楽しく毎日を過ごしましょう。