高血圧と血糖値の関係

高血圧と血糖値の関係

 

高血圧は、生活習慣病のひとつとされており、高血圧状態が長く続くと、本来弾力性のある血管の壁は、厚く狭く、硬くなります。

 

高血圧と高血糖値はまったく別の病状のものだと考えられていた時期もありましたが、近年、この二つの成り立ちには密接な関係があるとされています。

 

どちらも合併した状態をメタボリックシンドロームといいます。

 

また高血圧、高血糖の人には、糖尿病の可能性が高い傾向があります。

 

糖尿病は、インスリンの不足などにより、ブドウ糖が細胞へとスムーズに運ばれなくなる病気です。

 

ブドウ糖を利用する細胞がインスリンに十分に反応しないことを「インスリン抵抗性症候群」と呼び、これは血圧が高くなる要因になります。

 

血糖値が高い状態では、体内の細胞の浸透圧が高くなるため、体液や血液量が増加し、その結果、血圧が上昇します。

 

血糖値が高く肥満の人は、血圧が高くなる傾向があります。

 

このように、両方があわさると、それぞれの病気が加速されて、心筋梗塞や脳卒中など血管の病気を引き起こしやすくなります。

 

血圧が高い場合には、血糖に対する注意も積極的にしていく必要があります。

 

また今までは高血圧と血糖値に対する治療は、血圧を下げる、血糖値をコントロールするなど、別々にされてきましたが、インスリン抵抗性という共通した問題を手かがりに、高血圧も血糖コントロールも、同時に解決することを目指すため新しい治療法への期待もされています。