高血圧とは?

高血圧とは?

 

高血圧とは、安静時の最大血圧値が140mmHg以上、もしくは最小血圧値が90mmHg以上になる病気のことです。

 

心臓から送られてくる血液が血管の中で流れにくい状態になって、血管にすごく圧力がかかる場合に起こります。

 

血圧は、毎日の生活の中で血管に圧力がかかる度合いが常に変わるため、起床時や運動後、食後血圧を測ったとき、たまたま高い数値が出ることもあります。

 

その場合、何度か測り直して正常な数値が出たら、高血圧ではありません。

 

高血圧は2種類あり、原因は不明だが遺伝的なものから、喫煙や肥満など生活習慣の悪化、ストレスなど生活環境によるものと考えられる本態性高血圧症と腎臓疾患や動脈硬化、ホルモン異常など原因がはっきりある二次性高血圧症があります。

 

前者は原因不明のため、生活習慣の改善や降圧剤を飲むなど対症療法になりますが、後者は原因がはっきりしているため、病院で治療や手術を受けることで治ることもあります。

 

高血圧を放っておくと、心肥大や動脈硬化などが起こり、さらに放っておくと、脳卒中や心臓疾患、腎機能が低下するなど合併症が起こり、突然死に至ることも少なくありません。

 

自覚症状の出にくい病気なので、定期的に検査を受けて早期発見することと、発症していたら、医師の指導をしっかり守って、治療をしっかりするようにしましょう。