知られざる高血圧〜合併症の恐怖〜のTOPに戻る


運動で高血圧を防ぐ


血圧を下げるには、食生活を気をつける以外にも有酸素運動が効果的です。

しかし激しい運動は、逆に運動中に血圧が上がるので危険です。

1回30分位を目安に、軽めのジョギング・ウォーキング・水泳などが好ましいです。

腹筋などは、力んでしまうため血圧が上がるので、危険なので避けてください。

また、勝ち負けを競うような興奮する運動も向いていません。

高血圧の方の運動は、週に3〜4回続けると高血圧には効果的といわれています。

心筋が鍛えられ酸素消費量が少なくて済むようになり、血圧を上げる必要がなくなるからです。

そして、運動で手足の血行を促すことによって、高血圧を防ぐことが出来るといわれています。

運動が苦手な方におすすめなのは、散歩やプールです。

散歩だと自分が運動しているという実感も少なく、苦にならないでしょう。

買い物に行くときにちょっと遠回りをしてみるなど、普段の生活の中で歩くことを意識的に取り入れてみるのもひとつの方法です。

プールは、泳いだりしなくても、水中を歩くだけで水圧が体にかかりますので効果的です。

決してきつい運動がいいというわけではないのです。

また、運動は一日に何時間もする必要はありません。

一日三十分程度でよいので毎日行うことがとても大切になります。

高血圧はすぐに改善していくものではないので、自分で長続きできると思うものを見つけることをお勧めします。

高血圧だけでなく老化の予防にもなりますので、ぜひ続けていきましょう。

関連コンテンツ

カリウムで高血圧を防ぐ

現代の日本は、高血圧の方が増える傾向にあります。 それは、欧米化が進み、食の変化が大きく関係しているからです。 では、高血圧を防ぐにはどうしたらいいでしょうか。 まずミネラル等の・・・

規則正しい生活で高血圧を防ぐ

内臓肥満は、高血圧と深いかかわりがあります。 肥満体形の人は、体重を減らす必要があります。 肥満だと高血圧になるだけでなく、心臓や血管の病気の原因にもなります。 体重を落とすこと・・・

塩分を抑えて高血圧を防ぐ

食塩を取りすぎると血圧を上げることは、今までのたくさんの研究で分かってきた事です。 しかし食塩の摂取による高血圧は個人差があり、食塩を多く摂取しても、高血圧にならない人もいます。 そし・・・

年齢による高血圧治療の注意点

高血圧の人は、年齢が増すにつれ増加傾向にあります。 30代の男女は4割〜5割が、高血圧患者であり、70代になるとその割合が、男女ともに55%以上になります。 しかし、高血圧は慢性のもの・・・

高血圧治療の薬

高血圧の治療薬は、血圧がなんらかの原因で一定の範囲を外れた場合に使用されます。 一定の範囲とは、収縮期血圧が100〜140Mmhg未満であり、拡張期血圧が60〜90Mmhg未満の範囲です。 ・・・

高血圧の合併症がある場合の治療

高血圧は、さまざまな合併症をもたらします。 すでに合併症にある人は、どのような治療をすればよいのでしょうか。 薬を使う場合には、合併した症状によって、注意が必要になります。 脳血・・・

高血圧の病状に応じた治療

高血圧は、初期の頃は、ほとんど自覚症状がないので、発見が遅れることがあります。 放置しておくと、いろいろな合併症を引き起こす原因となりますので、定期的に健診は受けたほうがよいでしょう。 ・・・

高血圧の検査

高血圧は、生活習慣病とのかかわりが深いことから、検査はまず問診から行います。 これらの質問に対する回答は、今後の治療の計画に関わることなので、偽りなく答えましょう。 診察は、血圧を測定・・・