知られざる高血圧〜合併症の恐怖〜のTOPに戻る
「知られざる高血圧〜合併症の恐怖〜」トップ >  高血圧の対策 > 高血圧の合併症がある場合の治療


高血圧の合併症がある場合の治療


高血圧は、さまざまな合併症をもたらします。

すでに合併症にある人は、どのような治療をすればよいのでしょうか。

薬を使う場合には、合併した症状によって、注意が必要になります。

脳血管に障害がある場合には、血圧を標準値に保ちながら、治療します。

また、食事による療法などにより動脈硬化を進行させないことが大切です。

心臓病と高血圧が合併した場合は、とても例として多く、特に狭心症や心筋梗塞との合併は、非常に危険な状態です。

この場合は、血圧をコントロールし、発作を防止することにを重点におきます。

腎臓病と高血圧が合併している場合は、高血圧を治療することになりますが、どちらかが原因で合併症を引き起こしているので、どちらにしても、両方同時に治療することになります。

糖尿病と高血圧の合併の場合は、動脈硬化が促進されているため、心筋梗塞や脳卒中などが起こりやすい状態になっています。

薬を使うときも、糖尿病の薬と血圧降下剤の両方の薬の相性や作用を考えなければいけません。

十分な注意を払うことが必要になってきます。

ただ、これらに共通していえることは、どのような合併であれ、生活の改善をすることは必要です。

喫煙などは動脈硬化を促進させるので断つ必要があります。

塩分を控えた低カロリーな食事や適度な運動で、血圧を低下させることも常に頭に入れておきましょう。

関連コンテンツ

運動で高血圧を防ぐ

血圧を下げるには、食生活を気をつける以外にも有酸素運動が効果的です。 しかし激しい運動は、逆に運動中に血圧が上がるので危険です。 1回30分位を目安に、軽めのジョギング・ウォーキング・・・・

カリウムで高血圧を防ぐ

現代の日本は、高血圧の方が増える傾向にあります。 それは、欧米化が進み、食の変化が大きく関係しているからです。 では、高血圧を防ぐにはどうしたらいいでしょうか。 まずミネラル等の・・・

規則正しい生活で高血圧を防ぐ

内臓肥満は、高血圧と深いかかわりがあります。 肥満体形の人は、体重を減らす必要があります。 肥満だと高血圧になるだけでなく、心臓や血管の病気の原因にもなります。 体重を落とすこと・・・

塩分を抑えて高血圧を防ぐ

食塩を取りすぎると血圧を上げることは、今までのたくさんの研究で分かってきた事です。 しかし食塩の摂取による高血圧は個人差があり、食塩を多く摂取しても、高血圧にならない人もいます。 そし・・・

年齢による高血圧治療の注意点

高血圧の人は、年齢が増すにつれ増加傾向にあります。 30代の男女は4割〜5割が、高血圧患者であり、70代になるとその割合が、男女ともに55%以上になります。 しかし、高血圧は慢性のもの・・・

高血圧治療の薬

高血圧の治療薬は、血圧がなんらかの原因で一定の範囲を外れた場合に使用されます。 一定の範囲とは、収縮期血圧が100〜140Mmhg未満であり、拡張期血圧が60〜90Mmhg未満の範囲です。 ・・・

高血圧の病状に応じた治療

高血圧は、初期の頃は、ほとんど自覚症状がないので、発見が遅れることがあります。 放置しておくと、いろいろな合併症を引き起こす原因となりますので、定期的に健診は受けたほうがよいでしょう。 ・・・

高血圧の検査

高血圧は、生活習慣病とのかかわりが深いことから、検査はまず問診から行います。 これらの質問に対する回答は、今後の治療の計画に関わることなので、偽りなく答えましょう。 診察は、血圧を測定・・・