知られざる高血圧〜合併症の恐怖〜のTOPに戻る


高血圧の合併症としての慢性腎臓病


腎臓の働きが低下している又は蛋白尿が3ヶ月以上続く状態を慢性腎臓病といいます。

原因はさまざまですが、そのひとつに高血圧があるということです。

慢性腎臓病が進行すると、水や塩分の排出が困難になり、むくみが出たり血圧が上昇します。

さらに腎機能が悪くなると腎不全をおこし、心筋梗塞や脳卒中を起こす原因になってしまいます。

慢性腎臓病は、初期の段階では自覚症状が乏しく、そのため、気がつかないうちに腎障害が進んでいき、気付いた時には腎不全になっていたことも、珍しくはありません。

そして悪くなると良くなることは期待できないそうです。

慢性腎臓病は自覚症状が無いことで普段から、疲れやすく、だるい、むくみがあるなどの症状があれば、安心する為にも早めにかかりつけの病院に受診するのがいいかもしれません。

腎臓病が進行することで血圧も上昇するということですが、もともと高血圧がある場合、高血圧の状態が続くことに比例して腎臓も悪くなります。

血圧もまた、高血圧の状態が続いても自覚症状が出にくいので、長い間気がつかないで、高血圧であることが分かったときには腎臓病にもなっていたということもあります。

早期発見することがとても大事で、慢性腎臓病は健康だと思っている人ほど見つけにくいといわれています。

自分の体は自分にしか分からないので気になることがあったら受診しましょう。

関連コンテンツ

高血圧の合併症としての腎障害・腎硬化症

高血圧は、多くの臓器に障害をもたらします。 本人は、なかなか気付かないものですが、自覚症状がでたときには、すでに合併症が進行していることが多いので、放置することは望ましくありません。 ・・・

高血圧の合併症としての腎不全

高血圧は自覚症状が出ないことが多いので、分からずに放置していることがあり、健康診断などで見つかることが多くあります。 自覚症状がないことで治療をしないでいる場合もあります。 しかし、治・・・

高血圧の合併症としての蛋白尿

高血圧は自覚症状がないため、健康診断や他の病気のために医師の診察をうけて分かることが多いようです。 そして症状がないために、治療を受けないで放置していることも多いです。 しかし治療しな・・・

高血圧と腎臓病の良くない関係

高血圧と腎臓病の良くない関係とは、腎臓の機能のひとつで、ホルモンを分泌する事で、血圧をコントロールする事が出来るのですが、この機能が誤作動してしまい、悪循環と成る場合があります。 腎臓は、老・・・