知られざる高血圧〜合併症の恐怖〜のTOPに戻る


高血圧の合併症としての脳出血


高血圧の合併症としての脳出血は多く、脳出血の原因の内70%が高血圧によるものです。

脳出血とは、脳の中に出血を起こす病気です。

高血圧の合併症としての脳出血は、出血を起こした場所によって被殻出血や視床出血、皮質下出血、脳幹出血、小脳出血等に分けられ

これらはすべて症状が違ってきます。

被殻出血の症状は、片麻痺、感覚障害、片側の目が見えなくなる同名性半盲です。

また、症状が悪化した場合は、意識障害や、失語症などの症状が出る場合があります。

視床出血の症状は、片麻痺、感覚障害があり、視床痛という半身に強い痛みを伴う場合もあります。

皮質下出血には、出血部位で少し症状が変わってくる場合がありますが、片麻痺、同名性半盲、失語症などの症状があります。

出血部位は、頭頂葉、側頭葉、前頭葉等に多くみられます。

脳幹出血の症状は、急な意識障害、四肢麻痺、呼吸障害、縮瞳などで、短期間で死に至る場合があり、予後がよくないです。

小脳出血には、歩行障害、突然のめまい、頭痛、悪心、嘔吐等の症状があります。

これらの、高血圧が原因で脳出血が発症した場合の治療方法は、ほとんどが外科治療となる事が多く、血腫除去術等の手術になります。

しかし、この手術も救命のために行なわれる事がほとんどで、血腫が小さい場合や意識が深昏睡等の時には、手術が行なわれない事があります。

高血圧を予防する事で、これらの症状を防ぐ事が出来ます。

関連コンテンツ

高血圧の合併症としてのくも膜下出血

高血圧の合併症としてのくも膜下出血があります。 脳動脈瘤の破裂は、くも膜下出血の原因の大部分を占め、その割合は80%にものぼります。 脳動脈瘤の基本的な原因は、遺伝的なものから先天的な・・・

高血圧の合併症としての脳塞栓

脳塞栓は脳梗塞の一種です。 脳梗塞には、脳血栓と脳塞栓があり、脳血栓は、脳の中でできた血栓が脳の血流を阻害して障害がおこります。 それに対して脳塞栓の場合は、脳ではないところにできた血・・・

高血圧の合併症としてのアテローム血栓性梗塞

高血圧によりおこる合併症は多岐にわたります。 そのなかで命に危険のある重大なものは脳梗塞でしょう。 脳梗塞はいくつかの種類に分けることができます。 そのうちのアテローム血栓性梗塞・・・

高血圧の合併症としてのラクナ梗塞

高血圧からは、さまざまな合併症が起こります。 この中で命に関わる症状として知られているものに脳梗塞があります。 脳梗塞はさらに、脳血栓と脳塞栓に分類できます。 脳血栓の場合、動脈・・・

高血圧の合併症としての脳梗塞

脳梗塞は、脳に血液を送る血管に血栓ができたり、なんらかの理由で血液の流れが滞ったために脳細胞が壊死を起こす病気です。 脳は血液により栄養や酸素を得ており、血流が阻害されるのは重大な問題なので・・・

高血圧は脳卒中の最大の原因

日本人の死因の上位を占めているのが脳卒中です。 これには脳梗塞と脳出血、くも膜下出血などの種類がありますが、いずれも大きな原因となっているのが高血圧なのです。 高血圧は、血液を体中にお・・・