知られざる高血圧〜合併症の恐怖〜のTOPに戻る


高血圧の合併症としてのラクナ梗塞


高血圧からは、さまざまな合併症が起こります。

この中で命に関わる症状として知られているものに脳梗塞があります。

脳梗塞はさらに、脳血栓と脳塞栓に分類できます。

脳血栓の場合、動脈硬化を起こした血管に血栓が詰まってしまいます。

そしてラクナ梗塞は、日本人に大変多い脳血栓です。

脳の細い血管が高血圧によって弱っているにもかかわらず、長い期間破られずに持ちこたえていると起こりやすい症状です。

破られなかったために少しずつ血管が詰まっていきます。

そうすると細い血管の先の脳の奥に微小な梗塞ができるのです。

小さい梗塞のため目立った症状が出ないこともあります。

その場合を無症候性脳梗塞といいます。

段階的に梗塞が進んでいくため、突然意識がなくなるということはありません。

しかし寝ている間、朝方や夜遅くなど、安静にしている時に起こりやすいようです。

症状は、手足のしびれや言葉が発しづらいといったもので、脳梗塞の予兆のような症状は、ほとんど出ないようです。

長いあいだの高血圧が原因でおこる梗塞のため、高齢者に多い梗塞と言えるでしょう。

この梗塞は、高血圧に気づかないと起きる可能性が高いと言えます。

糖尿病が原因の場合もあるようですが、やはり多くが高血圧のようです。

気づいてしっかりと血圧を下げる治療をしていれば、ほぼ回避できる梗塞でしょう。

関連コンテンツ

高血圧の合併症としてのくも膜下出血

高血圧の合併症としてのくも膜下出血があります。 脳動脈瘤の破裂は、くも膜下出血の原因の大部分を占め、その割合は80%にものぼります。 脳動脈瘤の基本的な原因は、遺伝的なものから先天的な・・・

高血圧の合併症としての脳出血

高血圧の合併症としての脳出血は多く、脳出血の原因の内70%が高血圧によるものです。 脳出血とは、脳の中に出血を起こす病気です。 高血圧の合併症としての脳出血は、出血を起こした場所によっ・・・

高血圧の合併症としての脳塞栓

脳塞栓は脳梗塞の一種です。 脳梗塞には、脳血栓と脳塞栓があり、脳血栓は、脳の中でできた血栓が脳の血流を阻害して障害がおこります。 それに対して脳塞栓の場合は、脳ではないところにできた血・・・

高血圧の合併症としてのアテローム血栓性梗塞

高血圧によりおこる合併症は多岐にわたります。 そのなかで命に危険のある重大なものは脳梗塞でしょう。 脳梗塞はいくつかの種類に分けることができます。 そのうちのアテローム血栓性梗塞・・・

高血圧の合併症としての脳梗塞

脳梗塞は、脳に血液を送る血管に血栓ができたり、なんらかの理由で血液の流れが滞ったために脳細胞が壊死を起こす病気です。 脳は血液により栄養や酸素を得ており、血流が阻害されるのは重大な問題なので・・・

高血圧は脳卒中の最大の原因

日本人の死因の上位を占めているのが脳卒中です。 これには脳梗塞と脳出血、くも膜下出血などの種類がありますが、いずれも大きな原因となっているのが高血圧なのです。 高血圧は、血液を体中にお・・・