知られざる高血圧〜合併症の恐怖〜のTOPに戻る


高血圧の分類


高血圧の分類とは、正常値から異常値にかけてのリスクの分類となります。

成人におけるものは、以下のように分類されています。

まず、至適血圧とは収縮期血圧が120以下で、拡張期血圧が80以下の場合です。

次に、正常血圧とは収縮期血圧が130以下で、拡張期血圧が85以下の場合です。

また、正常高値とは収縮期血圧が130から139、または拡張期血圧が85から89の場合です。

ここからが、一般的に高血圧と呼ばれるものになります。

まず、1度高血圧とは、収縮期血圧が140から159、または拡張期血圧が90から99の場合です。

次に、2度高血圧とは、収縮期血圧が160から179、または拡張期血圧が100から109の場合です。

更に、3度高血圧とは、収縮期血圧が180を超える、または、拡張期血圧が110を超える場合です。

そのほかに、孤立性の収縮期高血圧があり、収縮期は140を超え、且つ、拡張期が90以下の場合になります。

血圧分類と、リスク層分類によって、リスクが判断されます。

リスク層分類とは、血圧を除いたリスク要因のことで、リスク層は3段階に分類されます。

危険因子が他にない場合は、リスク第1層となります。

糖尿病以外の危険因子が1個から2個見当たる場合、例えばメタボリックシンドロームは、リスク第2層となります。

糖尿病を含めた危険因子が見受けられ、臓器障害など3個以上の危険因子がある場合は、リスク第3層となります。

関連コンテンツ

高血圧と血糖値

高血圧は、生活習慣病のひとつとされており、高血圧状態が長く続くと、本来弾力性のある血管の壁は、厚く狭く、硬くなります。 高血圧と高血糖値はまったく別の病状のものだと考えられていた時期もありま・・・

高血圧のチェック

血圧とは、心臓が血液を全身に送り出す圧力のことをいい、高血圧とは、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態のことです。 高血圧自体の自覚症状には、頭痛、めまい、動悸、肩こり、むくみなどが・・・

「メタボ」にも含まれる高血圧

高血圧とメタボリックシンドロームには、密接な関係があります。 そもそもメタボリックシンドロームとは、脂肪が内臓に溜まることで、様々な臓器に様々な疾患をもたらす生活習慣病の一種です。 メタボ・・・

高血圧になりやすい生活習慣

高血圧になりやすい生活習慣があります。 元々、遺伝などによって、高血圧になりやすい方もいらっしゃいますが、多くは生活習慣の乱れが高血圧を引き起こしています。 まず、第一に挙げられるのは・・・

高血圧になりやすい人

高血圧になりやすい人とは、どういった方々なのでしょうか。 基本的に、年齢を重ねるごとに、リスクは高まっていきます。 また、遺伝などで元々危険因子をDNAに含んでいる方もいます。 ・・・

高血圧と血管の関係

高血圧と血管の関係とはどのようなものなのか、一般的にはわかりにくいのではないでしょうか。 高血圧で血圧が高いと、血管に対してどういった弊害があるのかというと、血管を流れる血液の圧力が高くなる・・・

24時間高血圧ということもない

人には、1日約10万回の血圧があります。 朝起きてから夜寝るまでの間、この血圧は一定であるわけではありません。 活動状態、体調、精神状態などの要因によって、また気温などの外気によっても・・・

数値で見る高血圧

高血圧は、最大血圧値が140mmHg以上、最小血圧値が90mmHg以上になることをさし、一般的に最大血圧値が問題視されますが、最小血圧値の場合も気をつける必要があります。 最小血圧値が高い場・・・

高血圧とは?

高血圧とは、安静時の最大血圧値が140mmHg以上、もしくは最小血圧値が90mmHg以上になる病気のことです。 心臓から送られてくる血液が血管の中で流れにくい状態になって、血管にすごく圧力が・・・